3年後に自動車を売ること

新車購入後の3年後に自動車を売ることは珍しくありません。また、ディーラーによっては最初の3年間はリースとしての扱いにして、そこでそのまま購入をするかあるいは返却をするかという選択ができるところも現れています。
実際にはこの新車新規登録から3年後というのがキーワードになっていて、普通乗用車の場合では最初の検査時になっていることに注意が必要です。つまりそのまま乗るのであれば検査費用が掛かりますし、検査を受けずに売るという選択肢も十分考えてもよいという話になります。
売る場合であれば、車検のことは気にせずに売却先がどうするかだけの話ですから、気にすることなく交渉を進めればいいだけの話になります。なお、このタイミングで売却する場合は、次の自動車をどうするのかを考える必要がある場合と考えなくてもよい場合とが当然あります。考えなければいけない場合であればカーシェアリングの活用や必要な時だけリース車を借りてきて使用するといった使い方も当然考慮すればいい場合がありますし、考える必要がない場合には売ってしまえばそこで話は終わりということになります。
カーシェアリングやその都度リースで済ませることについては、様々なメリットがあります。維持費がかからない点が最大のメリットですが、それほど頻繁に乗らないのであれば、このカーシェアリングやリースでも十分ということはあり得ますので、考慮してみる価値は十分にあります。