水素燃料電池車が話題になっています。

車のことを考えると、最近は燃費が一番気になるところですね。
ガソリン車がまだまだ多い中、ハイブリット車や電気自動車が大頭してきました。
さらに最近力を入れられているのが、水素が燃料のFCVという水素燃料電池車が話題になってきています。

車の中でも水素で動く車は、二酸化炭素や有害物質を出さない車で、究極のエコカーだと言われています。
その車の問題点は沢山あるものの、地球に優しい車であることは、間違いないのです。
トヨタやホンダ、日産が手掛けていて、これから活躍してくれる車だと思います。

15年度には水素をガソリン並の値段にして20年にはハイブリット並に出来れば良いとされています。
25年度には、水素ステーションを1000か所に増設する予定で、これから本当に水素を全面的にバックアップしていく国のやり方が見えますね。

補助金も出ているようで、豊田通商が水素社会実現の為に、兵庫県尼崎に岩谷産業とともに作った水素ステーションが7月に発表されています。
トヨタが独占というワケにもいかないと思いますし、燃料補給に時間がかかることも考えると、早めの普及と改善が急務になりますね。
誰もが乗りたくなるような、そんな良い車を作って欲しいと思います。
ビッグモーター 買取 流れ

3年後に自動車を売ること

新車購入後の3年後に自動車を売ることは珍しくありません。また、ディーラーによっては最初の3年間はリースとしての扱いにして、そこでそのまま購入をするかあるいは返却をするかという選択ができるところも現れています。
実際にはこの新車新規登録から3年後というのがキーワードになっていて、普通乗用車の場合では最初の検査時になっていることに注意が必要です。つまりそのまま乗るのであれば検査費用が掛かりますし、検査を受けずに売るという選択肢も十分考えてもよいという話になります。
売る場合であれば、車検のことは気にせずに売却先がどうするかだけの話ですから、気にすることなく交渉を進めればいいだけの話になります。なお、このタイミングで売却する場合は、次の自動車をどうするのかを考える必要がある場合と考えなくてもよい場合とが当然あります。考えなければいけない場合であればカーシェアリングの活用や必要な時だけリース車を借りてきて使用するといった使い方も当然考慮すればいい場合がありますし、考える必要がない場合には売ってしまえばそこで話は終わりということになります。
カーシェアリングやその都度リースで済ませることについては、様々なメリットがあります。維持費がかからない点が最大のメリットですが、それほど頻繁に乗らないのであれば、このカーシェアリングやリースでも十分ということはあり得ますので、考慮してみる価値は十分にあります。